法人向け商品の販売専門店〜販売専門事務局〜

お金の受け渡し

POSシステムを外食産業に応用したシステムがオーダーエントリーシステムです

POSシステムは、小売店などのレジでのお金の受け渡しの間違いや不正を防ぐために取り入れられたものですが、同時に顧客の購買情報を集めることもできます。コンピューターが発達した現在では、POSシステムもコンピューター化されていて、顧客の購買情報などを記録、分析することが容易になっています。さて、外食産業でも、POSシステムを導入するのは簡単ですが、ここでは、顧客の注文を取って厨房に伝えて料理を運ぶ作業が加わっています。そのため、POSシステムに、ウエイトレスなどの呼び出しと注文受付、厨房への連絡、調理、配膳などの情報をやり取りする機能を付け加えたシステムが考えだされました。これが、オーダーエントリーシステムです。

このシステムの効果は如何なものなのでしょうか

オーダーエントリーシステムが導入された外食産業では、次のような効果がみられます。ひとつは、注文の意志が顧客側から発信されますので、特に、混雑時のスタッフの労力が軽減されます。それと、注文を受けた後に厨房まで報告にいかなくて済みますので、こちらも労力、時間の節約にもなります。もうひとつは、厨房側でも受けた注文が順序立てて内容が表示されますので、メニューや配膳の間違いが少なくなります。さらに、オーダーエントリーシステムは、POSシステムを内包していますので、顧客の注文メニューばかりでなく、座った席や年齢、性別などの情報も収集できるため、高度な分析ができるようになり、将来の営業の指針として役立てられます。このように、外食産業でのオーダーエントリーシステムは、今でも役だっていますが、顧客データの活用方法は、日々進化していますので、益々利用されることでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright© 2015 法人向け商品の販売専門店〜販売専門事務局〜 All Rights Reserved.